トップページ患者の皆さまへ診療内容>弁膜症

弁膜症

 心臓弁膜症の治療には弁置換術と弁形成術があります。置換術とは、悪くなった弁を切除して人工の弁で置き換える手術です。人工の弁には特殊な金属でできた機械弁と生体組織(ブタやウシ)で作った生体弁があります。機械弁は耐久性に優れますが弁に血の塊ができるためそれを防ぐ薬(抗凝固薬)を一生服用しなければなりません。生体弁は基本的には抗凝固薬を服用しなくてよいのですが、弁の耐久性で機械弁に劣ります。弁形成術は悪くなった自分の弁を工夫加工して機能するようにする手術です。再び弁の機能が悪くなることもありますが、自己組織という利点から抗凝固薬服用は必須ではなく、また心機能的にも弁置換術より優れます。
 治療法や弁の種類にはそれぞれ一長一短がありますので、治療を受ける際はそれぞれの特徴を理解した上で決定しましょう。

機械弁

生体弁

ページトップ